株式会社ジェーエーシーは、循環型社会の構築とリサイクル活動で地域の復興と環境づくりに貢献してまいります。

TEL 0224-33-4773

放射能除染事業

株式会社ジェーエーシーでは、平成24年10月に福島営業所を立ち上げ、東日本大震災における放射能汚染による多大な被害に対し、郡山市・伊達市を中心とした除染作業を行なっております。東日本大震災から約二年が経過し、福島第一原子力発電所の事故による地域の皆様の健康・生活環境においての不安が続いております。

弊社は、福島の皆様が安心して暮らしていけるよう放射能除染事業を通じ日々取り組んでいきたいと考えております。

除染実施に係るフロー例

弊社では下記の業務フローを確立しました。今後も、より精度の高い測定、わかりやすいレポート作成など、継続的に改善努力をして参ります。

  1. 電話・Webサイトからのお問合せに対応します。
  2. 状況、場所、対象物等を聞き、訪問日を決定します。
  3. 除染場所を現地調査し、放射線量の事前測定します。
  4. 事前測定結果をレポートにまとめ、提出します。
  5. 除染日の調整を行います。
  6. 除染実施(近隣状況や天気により養生する)
  7. 除染後の放射線量の測定を実施します。
  8. 除染後の測定結果をレポートにまとめ、提出します。
  9. 除染結果、要望等により、2度目の除染を判断します。
  10. 測定結果を報告書としてまとめ、お客様に提出します。

作業実施内容

  1. 雨樋(堆積物の除去等)
  2. 庭(落ち葉、表土、芝の除去等)
  3. 庭木(選定)
  4. 砂利敷地等(砂利の除去等)
  5. コンクリートたたき等(吸引式高圧洗浄等)
  6. 農地除染作業

屋根の除染については、モデル除染の結果、(1)室内の空間線量率に及ぼす低減効果が低かったこと、(2)放射性物質がすでに雨などにより流れていること、(3)除染作業により屋根面を損傷させてしまうこと、などにより実施いたしません。
なお、陸屋根については、放射線量を測定して、汚染状況に応じ、除染いたします。

  • 高圧洗浄等による排水は、回収する等適切に処理します。
  • 表土、砂利、芝を除去した場合は、山砂、砂利の敷き均し、芝張りによる復元をおこないます。
  • 作業中に誤って作業員が、建物の一部を破損した場合等に備えて、除染事業者には、損害賠償保険への加入を義務付けることとします。

土質改良・分級

平成23年3月11日の東日本大震災の津波被害は東北三県の農地にも重大な被害をもたらしました。
被害の多くは農地への塩害と異物の混入です。弊社では、一刻も早く農作地として復旧できる様、除塩ならびに異物の分級業務に取り組ませて頂いております。

弊社の提案する土質改良・分級ユニットは、それぞれが独立して稼働可能な工程を一連のラインとして作業性を高めたシステムとなっております。そのため、柔軟な拡張性をもち、様々なご要望ご都合にあわせてラインを調整することが可能です。

対象土の性質を調査し、最適な改良材・工法、経済性などを考慮したプランをご提案させて頂きます。

ページの先頭に戻る