廃掃法豆知識事業紹介-産業廃棄物

廃掃法豆知識

廃掃法とは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の事をいいます。廃棄物の排出抑制と処理の適正化により、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図ることを目的とした国の法律です。一般的に廃棄物処理法や廃掃法と略されることが多いです。全ての会社に廃棄物をきちんと管理する義務があり、知らないと業務上のミスが法令違反に直結してしまうことも現実には多々あります。廃棄物を管理する上で大切なことをいくつかご紹介します。
廃棄物に関する相談・お問合わせはこちらになります。

1.廃棄物管理は法を遵守する業務です

廃棄物管理業務は他の業務にも増して法律を遵守する業務になります。この業務にミスが起こると法律違反になり、
会社のリスクにもなります。

2.排出事業者責任は最終処分場まであり

排出事業者(廃棄物を出す会社)の責任は、「処分業者に委託して終わり」というわけではありません。
廃棄物の最終処分まで適正に処理する責任があります。

3.法令違反をしたらどうなる?

もし、法令違反を起こしたらどうなるのでしょう?罰則や社名公表などのリスク、更には社員の書類送検や逮捕などの事例を含めて、違反した場合のリスクは甚大です。

4.廃棄物処理法違反での検挙状況

新聞やWEB記事にならなくても、実際に多くの廃棄物担当者が書類送検や逮捕されています。

5.そもそも処分業者は信用できる?

処分業者も不法投棄や不適正処理をすることがあります。現在も「無許可」の廃棄物回収業者が存在します。
産廃処理業者を選ぶ際には、処理料金の安さだけで選定せず、その処理業者が信頼に値するかどうかを自身の責任で
見極める必要があります。

お問合わせ・お見積り依頼は
こちらから

主要エリア

宮城県
仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市、
富谷市、刈田郡、蔵王町、七ヶ宿町、柴田郡、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、伊具郡、丸森町、亘理郡、亘理町、
山元町、宮城郡、松島町、七ヶ浜町、利府町、黒川郡、大和町、大郷町、大衡村、加美郡、色麻町加美町、遠田郡、涌谷町、
美里町、牡鹿郡、女川町、本吉郡、南三陸町
福島県
福島市、会津若松市、郡山市、いわき市、白河市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、伊達市、
本宮市

許可番号一覧

  • 産業廃棄物収集運搬業
    宮城県第00411059553号
    福島県第00707059553号
    岩手県第00300059553号
    山形県第00609059553号
    秋田県第00504059553号
    青森県第00201059553号
    東京都第1300059553号
    神奈川県第001400059553号
    新潟県第01505059553号
  • 特別管理産業廃棄物収集運搬業
    宮城県第00451059553号
    秋田県第00554059553号
  • 産業廃棄物処分業
    宮城県第00421059553号
    仙台市第05420059553号
  • 一般廃棄物収集運搬業
    蔵王町
    丸森町
    角田市
    亘理町
    山元町
    岩沼市
    白石市
    名取市